夏のカラーメイク② アイメイク 杉山由紀子


 

夏のカラーメイク(アイメイク編)です。アイメイクは夏らしくグリーン色で涼しげな感じに、またマスカラだけで、つけまつ毛をしているようなボリューム感ある目元に変身です。
アイメイクのポイントを沢山伝授します☆ 

(流れ)上下にアイシャドウを塗ります→アイライナーとリキッドのアイライナーをします→最後にビューラーでまつ毛を上げ、マスカラをします

 

 

アイシャドウを塗ります

グリーン色を使っていきます。まず一番明るい色を全体に塗ります。元々付いてるブラシではなく、色味や濃さが全然違ってくるので大きめのブラシを使うのがおすすめです。最初につけたところが濃く塗れるので目のきわから始まって外側に塗っていくのがおすすめの塗り方です。
次にグリーンを小さいブラシで塗っていきます。カラーのアイシャドウは、ブラシに取ったあと手の甲で軽く馴染ませてから塗るのが失敗しないポイントです。目のきわからアイホールから少しはみ出る範囲で塗るのがポイントで、ツヤ感の出るアイシャドウの場合は、目頭のところも少し塗るのがポイントです。     
次に茶色でしめの色を塗ります。目のきわから少し大きめに塗っていくと、カラーアイシャドウも失敗しません。
最後に目のきわきわに黒を塗っていきます。

目の下にもアイシャドウを塗ります

目頭から真ん中ぐらいまでハイライトを塗ります。茶色を目尻の方に、アイシャドウとつながるように塗り、ぼかしてあげるのがポイントです。

アイライナーをします

ポイントは、芯が柔らかいものを選ぶ事です。インライン引いていきます。手を添えて塗ると塗りやすいです。目頭まで塗ると、でか目できりっとします。下も3分の1だけひきます。

リキッドのアイライナーを使います

この後に、リキッドの茶色の極細のアイライナーを使用します。グリーンのアイシャドウを目立たせる為に茶色にしました。目尻から引き、アイシャドウやアイライナーとつなげていきます。一気に引くのではなく、少しつづ目頭の方にひいていくと、アイライナーの苦手な方も綺麗にかけます☆

まつ毛をビューラーで上げ、マスカラをします

ビューラーでしっかり、目元を上げていきます。なるべく奥の方に入れ強めに肘を上げる感じにちょっとずつ小刻みに動かすのがポイントです。真ん中、はじ、目頭の方と分けて上げるとキレイに上がります。
そのあとにマスカラを塗ります。マスカラはロングタイプのマスカラを使用します。マスカラの柄の部分を曲げて塗ると、いろんな角度から塗りやすく凄く綺麗にマスカラを付けることが出来るのでオススメです。塗り方は、根元から全体に下から塗った後、液をつけ上から塗っていきます。上から塗るとマスカラのボリュームがでます。最後にまた下から持ち上げてあげると、マスカラだけでもパッチリ目になります。  
次に下まつ毛は、液をつけずに残りの液で塗っていき、上から塗ったあと、必ず下から塗ってサンドイッチにするのがポイントです。そして最後に上から塗ると、だまになりません。マスカラは一気に塗るより、細かく塗るのがポイントです。マスカラが乾いたら手で持ち上げると、つけまつ毛をつけたようになります。