パーティー・ハーフ顔メイク③ アイブロウ・チーク・リップ 杉山由紀子


 

パーティー・ハーフメイクのアイブロウ・チーク・リップ編です。普段パーティーの時にしている立体感のあるハーフ顔メイクの紹介です。ハーフ顔のポイントである眉毛と目の間隔を狭めるアイブロウの仕方、古い感じにならない立体感が出て自然に馴染むノーズシャドウの入れ方、顔が細く見えるチークの入れ方を紹介、パーティーメイクなので、ツヤ感のあるラメ入りハイライト、グロスを使ってのメイクです。      

(流れ)アイブロウペンシルとアイブロウマスカラを使います→ノーズシャドウを入れチーク、ハイライトを塗ります→最後にリップクリーム、グロスを塗ります

 

アイブロウペンシルで眉を描きます

目尻のないところから描くのがオススメです。目頭から描くと濃くなりすぎてしまうので、目尻から目頭に向かって少しづつ描いていきます。ハーフ顔にするポイントは、眉毛と目の間隔を狭めれば狭めるほどハーフ顔になるので、間隔があいている人は、眉毛の下を描き足すのがオススメです。

アイブロウマスカラを塗ります

髪が明るい人は、アイブロウマスカラが絶対オススメ!眉が明るいだけで、アカ抜けます!全体的に塗っていきます。

ノーズシャドウを入れます

イプサのフェイスカラーパレット2色を使い、ハーフ顔のポイントになるノーズシャドウで入れていきます。濃い茶色を目頭まゆ部分からノーズに沿って入れていきます。入れすぎると古くなってしまいますので、必ずぼかしてあげます。目のアイホールの方にぼかすと馴染みます。これだけで立体感がつきます。もし、濃いのが嫌な人は、薄いベージュを上から少し足して上げるとさらに馴染み自然なノーズシャドウが出来ます。

チーク、ハイライトを塗ります

チークを塗っていきます。大きめのブラシを使って全体にチークを馴染ませ、パーティーメイクなので、頬骨の一番高いところから、斜め上に細めに塗っていきます。上に引き上げると顔が細く見えます。                                       
ハイライトを使います。ラメの入ってるハイライトはパーティーにオススメです。全体に塗っていきます。目の下のCゾーンは必ず塗って、あごも少しやるといいです。

リップクリーム、グロスを塗ります

リップクリームを塗ったあと、パーティーメイクなのでツヤ感とラメの入ったグロスを塗っていきます。これで完成です!