デートにおすすめ モテメイク 関根苑子


 

カレとのドキドキデートにオススメなモテメイク。ポイントは、接近戦を意識したメイクです。ベースは肌のツヤを意識し、眉はふんわり、まつげは長く、唇はプルンと発色を良くします。王道のモテメイクでカレの心をがっちり掴んで。

(流れ)ベースメイクをします→アイブロウ、ビューラーをします→アイシャドウ、涙袋をつくります→マスカラとアイラインを引きます→チーク、リップを塗ります

 

ベースメイクをします

まず、BBクリームを使ってベースメイクをします。手に小豆1個分出し、ムラにならないよう細かく顔に点で置き、少しずつ指の腹を使って伸ばします。目の下も指の腹で優しく塗り、鼻筋が通るように、縦の線を意識して塗りましょう。次に、ファンデーションを使って、気になる毛穴の部分に薄く塗ります。頬骨の高いところにポイントを置いて塗ると透明感が出ます。

アイブロウ、ビューラーをします

アイブロウペンシルで眉の足りない部分を足し、チップでふんわりと重ね描きして立体感を出し、眉マスカラで色を明るくします。眉マスカラのブラシを眉毛に密着させ、黒い部分が隠れるようにしましょう。ふんわり感がある方が可愛く見えます。次にビューラーで、まつげを一番根元の方まで密着させ上げます。次にまつげの真ん中を上げ、最後にまつげの先端をぐっと上げます。

アイシャドウ、涙袋をつくります

モテメイクなのでアイシャドウは、ピンクベースのブラウンを使います。アイホール全体に明るいピンクを塗り、濃いピンクを二重幅まで入れ、濃いブラウンを目尻の際にタレ目がちになるように入れます。こうすることで、キツくならず優しい印象になります。次に涙袋をつくります。今回アイブロウの中間のカラーを目のカーブに沿って塗ります。少し微笑んだ時に頬骨と目の間の境目を目安に入れましょう。アイシャドウの一番明るいピンクラメが強いカラーを塗ります。最後に目頭の際に少し塗りましょう。明るい色のアイシャドウを入れることにより、ぷっくり感が増します。ここにのせることで白目の面積が広がりうるうるした目に見えます。

マスカラとアイラインを引きます

マスカラはばさばさしているより、長くて綺麗に広がっている方がかわいいので、ロングタイプのマスカラを使います。根元から液がたっぷりつくよう、丁寧に塗ります。均等に塗った後に目尻の方を重点的に伸ばすと、たれ目になってかわいいです。下まつげは、下げるように縦の幅を強調して塗ります。次にアイラインペンシルで、黒目の上の部分だけインラインを引きます。まつげとまつげの間の隙間を埋めるように引き、下も黒目の部分だけ引きます。

チーク、リップを塗ります

チークはクリームチークを使います。手に少量取り、頬骨の一番高いところと笑ったとき黒目と唇がクロスする所の2点をポイントに置いて、ハート形に入れます。モテメイクのときは、すこし内側に入れるとかわいらしく見えます。最後にリップクリームを塗りベースを作ります。リップクリームを塗ることで、ぷっくりと発色を良くする効果があります。仕上げに王道なラメピンクのルージュを塗ります。これで完成です。