中川翔子さん風メイク なりきりメイク


 

中川翔子さん風のかわいらしいメイクです。中川翔子さんに似せるには、目の立て幅を出すこと。アイラインとシャドウの塗り方がポイントです。つけまつげもオーバーめにつけないなどのテクも!

(流れ)ベースメイクをします→アイブロウ、アイラインをします→涙袋をつくり、つけまつげをつけます→チークとグロスを塗ります

 

 

ベースメイクをします

スティックコンシーラーで、気になる部分をカバーしていきます。コンシーラーを口元にも塗ることで明るくなります。下地は内側から外側に向かって塗っていきます。ファンデーションも同様に塗りましょう。

アイブロウ、アイラインをします

アイブロウペンシルで眉毛を描きます。中川翔子さんは、アーチ型の眉毛なので、眉の真ん中が一番高くなるように描いていき、眉コンシーラーで眉の色を薄くします。アイライナーで、まつげとまつげの隙間を埋めるように描きます。目尻部分はオーバー気味にならないよう注意してください。黒目の上の部分は重ねて描き、下は目の形に沿って薄く描きます。中川翔子さんは、薄いメイクで、目は縦に大きいので、縦を意識して描いてください。

涙袋をつくり、つけまつげをつけます

ホワイトのシャドウで涙袋をつくります。下まぶたと目頭の部分にくの字になるよう塗ります。アイシャドウは、アイホール全体にピンクを塗り、薄い茶色は二重の部分に、一番濃い茶色は二重の線の部分のみに塗ります。アイシャドウは、黒目部分を濃く塗るようにしましょう。ビューラーで、まつげを上げ、カールキープを塗り、つけまつげをつけます。中川翔子さんは、まつげエクステなのでふさふさの地まつげに近いものを選んでください。つけまつげはぴったりとまつげに沿ってつけ、下まつげはマスカラを塗りましょう。

チークとグロスを塗ります

ピンクのチークで、頬の中心からふんわりとかわいらしく塗ってください。唇は、ピンク系のグロスを選び塗って完成です。