整形級デカ目メイク 中島絢乃


 

しっかりとしたベースメイク+細かなアイメイクのテクニックで、
整形級デカ目メイクにチャレンジ。
いつものメイクに部分的に取り入れるだけで、デカ目メイクになれるので
是非参考に!!

 

 

2種のコンシーラーを使ったしっかりベースメイク

肌の色を明るく見せてくれるピンク下地を顔全体にのせます。
次に、2つのコンシーラーを使ってきになる部分をカバー。
1つ目は、コンシーラーを赤みの気になる部分に広めにぬっていきます
2つ目は、よれやすい、目の下や鼻筋、口角に塗って叩いて馴染ませます。
ファンデーションは、内側から外側に塗って土台をつくります。
更に、液体のコンシーラーを直接塗っていきTゾーン、目の下の三角、顎にのせて立体感を出します。シェーディング効果のハイライトを顎を除いて顔周りに入れ小顔効果を出します。鼻筋を出すために、ブラウン系のパウダーを鼻の横全て塗るのもポイントです。

小顔作り

ブラウンのパウダーでまゆ毛を長めに書いて小顔効果を出します。
まゆ毛の太さを足す場合は、まゆ毛の下に付け足して調整してください
次にまゆ毛のコンシーラーをのせて完成。
最後に最初のハイライトを馴染ませるためにパウダーのハイライトを先程を同じ場所にのせて完成です。

アイシャドウ&アイライナーでデカ目作り

アイホール全体、まゆ毛の下に、白いアイシャドウをのせます。
ブラウンのシャドウの二重の幅にのせて、ポイントは目尻をはみ出し気味にのせ垂れ目させます。下まぶたシャドウを入れます。
次にペンシルタイプのアイライナーを使い、目尻の部分を埋めるように書いていき更にリキッドタイプのアイライナーを目の際だけいれて跳ね上げます。
下まぶたに、肌に馴染みやすいオレンジ系シャドウを入れ
更に白のライナーを目の際に入れて手で馴染ませます。

マスカラ、アイプチ&つけまつ毛で更にデカ目効果

左右に揺らしながらマスカラをつけて行くことで、長さを出します。
次に、アイプチで二重を作ったら
目尻をはみ出させるように、つけまつ毛をつけて行きます。
目尻を下げて黒目の上を上げるようにおくのがポイントです。
目頭とつけまつ毛の間にアイラインを入れて、目尻も少し足したら目元は完成です。

チーク&リップで完成

のせたい部分にチークを置き、手でただきながらこめかみまでいれます。
鼻の横、目の下までいれるのがポイント。更に、パウダーチークを重ねて完成です。
リップは、先に縦皺を無くす効果のあるグロスの上から、濃いめのリップをのせることで肌に馴染みやすい発色となります。