春メイク


 

アイシャドウは、春の緑をイメージしたグリーンと、桜をイメージしたピンク、春の日差しをイメージした、コーラルピンクを使用しています。この色の組み合わせは、さわやかな春にぴったり。ヘアアレンジは、ふんわりカールで丸みを出し、優しさと可愛さを演出します。髪型は春の陽気を感じるエアリーでフェミニンスなタイルに仕上げました。

(流れ)ベースメイクをします→アイシャドウを塗ります→アイライナー、アイブロウをします→チーク、ルージュをのせます→髪を巻き、整えます

ベースメイクをします

リキッドファンデーションを塗り、スポンジで余分な油分を取りながら馴染ませ、ファンデーションの厚さを調整して、自然な肌を作っていきます。春なので、厚塗り感のない自然な肌を目指しましょう。コンシーラーは薄付きでカバー力のあるものを使用します。口角が上がって見えるよう、唇の外側にも少し塗ると、表情が明るく見えます。パウダーで全体をおさえ、目の周りの細かいところは、パフを折ってのせ、パウダーをしっかり固定させます。

アイシャドウを塗ります

パール感のあるクリームアイシャドウを目全体に伸ばします。まぶたの明るさとバランスを見ながら、顔にハイライトでツヤ感と立体感を出していきます。目の下は、オレンジを使い、クマやくすみ、色味を補正します。明るいグリーンを目頭から丸く入れます。明るいピンクを、目尻からグリーンを囲むようにアイホールに入れます。目尻のアイホールのくぼみにコーラルピンクを重ね、陰影と温かみを出します。目の下は暗くならないよう、ゴールドのシャドウを目尻から中央にのせます。目頭には、ホワイトをのせ、明るさを出します。白は発色しづらいので、チップで塗るとよいでしょう。

アイライナー、アイブロウをします

ブラウンのアイライナーで目の際を塗り、ブラシで馴染ませます。下まぶたは目尻から中央まで引き、同様にブラシで馴染ませます。明るいブラウンのアイブロウペンシルで、優しい眉にします。角度をあまりつけないように、山を丸く自然なアーチにしましょう。少し太めで短めの眉で自然体を意識します。

チーク、ルージュをのせます

チークは、まずオレンジを入れ、次にピンクを重ねます。ビューラーでまつげを上げ、マスカラを上下のまつげに塗ります。ベージュピンクのルージュをたっぷりのせて、やわらかでツヤのある唇にしましょう。グリッターをアイシャドウの上に軽くののせます。

髪を巻き、整えます

トップをブロッキングし、下の部分を内巻き外巻きとランダムに巻きます。巻いた部分をほぐしながら、スプレーとワックスをつけて、動きを出し、束感を作ります。上の部分は下より細かく巻きます。細かく巻くことで、軽いふんわり感を出します。既に巻いてあるトップの毛束をもう一度巻き、巻いてあるカールの上にかぶせるようにのせていきます。細い毛束をとって巻き直すことで、トップにエアリー感のあるボリュームがでます。