お呼ばれパーティーメイク① ベースメイク


 

お呼ばれパーティーメイクのベースメイク編です!!パーティーメイクということで、くすみのない、透明感のある明るめのベースメイクの仕上がりになっています。

(流れ)ベースを塗ります→ファンデーション、フィニッシングパウダー、ハイライトを塗ります。→最後にまゆを描き、まゆマスカラを塗ります

 

 

ベースを塗ります

量としてはパール大ぐらい。まず、頬にのせてしっかりたたきこむように伸ばしていきます。目の下と目の上もたたきこむようにしっかりのせてください。
次に目の下、口角の横、小鼻の横のくすみを隠していきます。くすみを隠すには黄色とオレンジを混ぜて使います。この時のポイントは、次につけるファンデーションより少し明るめの色をつけた方が、ファンデーションと馴染み易いです。まず目の下から。目の下は目頭から目尻にかけて口角の横あたり三角形のラインで塗っていきます。まぶたの下や目の下もしっかり塗り、手でなじませていきます。まぶたの上にも少し塗ってくすみをとっていきます。小鼻の横、口角の横もしっかりカバーしていきます。

ファンデーションを塗ります

ファンデーションは、自分の首の色に合ったファンデーションを使ってください。ファンデーションを塗るときは、ファンデーション用の筆を使い、その後、スポンジでしっかり伸ばしていきます。塗るときのポイントは、一番動かない頬のところからフェイスラインに向けて少しづつ重ねるようにして塗っていきます。目の下、小鼻の周り、口角のあたりは、先程、コントロールカラーで塗ったので、今ついているファンデーションを少し伸ばしていくようなイメージで大丈夫です。フェイスライン側は首と顔の色の分かれ目が出ないように、少し伸ばしてあげると馴染み易いです。

フィニッシングパウダーをのせていきます

フィニッシングパウダーは、透明タイプを使っていきます。お粉をパフに少しつけ、これをしっかりパフに含ませていきます。しっかり含ませたら一番動かないところ、のせてもシワや溝に入っていかないところに沢山のせるとしっかりカバーできますので、まず頬からのせていきます。その後にパフに残ったフィニッシングパウダーを全体に伸ばしていきます。

ハイライトを塗ります

ハイライトは、ブラシに少し含ませてあげて、目の下の三角部分にのせていきます。ここにツヤがあると顔全体がつややかに見えます。その後に眉尻からくの字にハイライトを入れてあげます。これを塗るのと塗らないのとでは、かなり顔の明るさが違って見えるので、これは大事なポイントです☆
次に鼻筋にハイライトを塗っていきます。

まゆ毛を描き、まゆマスカラをつけていきます

まゆ毛を描くときは、パウダーは少し明るめのものを使用し、ペンシルを使っていきます。明るい色、暗い色を少し混ぜながら描いていきます。先にパウダーからのせていきます。パウダーは元々毛の生えているところに少し埋めていく程度で大丈夫です。あまり一気につけつぎるとかなり濃くなってしまうので、気をつけてください。
次にペンシルを使っていきます。ペンシルはまゆの中央辺りから眉尻にかけてやわらかく引いていきます。あまり角度をつけると、かなりきつめになってしまうので、あまり角度をつけず引いていきます。このままだと、自然ではなく書いてしまったまゆ毛になってしまうので、パウダーでぼかしていきます。そうすると、印象が変わってかなり柔らかい印象になります。
次にまゆ毛のマスカラをつけていきます。つけ方のポイントは、毛に逆らって先につけ、そのあとに毛の流れに沿ってつけていくと、全体に均等にまゆマスカラがつけれます☆まゆマスカラをつけると、また更にやわらかいまゆ毛な感じに作ることが出来ます。