パーティー・ハーフ顔メイク① ベースメイク 杉山由紀子


 

パーティー・ハーフメイクのベースメイク編です。普段パーティーの時にしているハーフ顔メイクを紹介しています。パーティー用に白浮きしないように、また、ハーフ顔に見せるように立体的に色が出るように1トーン低い色を使ってのベースメイクです。                                  
(流れ)化粧下地を塗ります→リキッドファンデーション、コンシーラーを塗ります→最後にパウダーを塗ります

 

メイクの前にカーラーをつけます

メイクの前に、終わったあとに前髪がクルンとなるように時短の為にカーラーをつけます。オススメは一番太いサイズで最初にクルッとやっておくとメイクもしやすくなります。

下地を塗ります

まずはベージュの入った化粧下地を使います。ベージュを使っているのは、ニキビなどの赤みを消すためです。面積の広い部分から均等に塗っていきます。下地を塗らない人もいますが、下地をやることで、毛穴が埋まってファンデーションが綺麗につくので下地はつけた方がいいです。ムラがないように薄く均一に塗って伸ばしていきます。

ファンデーションを塗ります

リキッドファンデーションを塗ります。
パーティー用にあまり白浮きしないようにしたいので、いつもより1トーン低い色を使っていきます。手の甲に出して、3本の指で塗っていきます。
ハーフ顔に見せたいので、より立体的に色が出るようにと少し暗めにしています。色味を暗くする時のポイントは、顔の表面だけでなく首の方までなじませてあげると顔が浮くということがなくなります。
夏と冬では肌の色が変わってるので、ファンデーションの色の使い分けるとよいです。

コンシーラーを使います

コンシーラーを使っていきます。ハケで塗っていきます。気になる箇所に塗り指でとかしていきます。ニキビが気になる方はハケタイプが使いやすいです。クマがある方はしっかり濃くしてあげてください。

パウダーを塗っていきます

パウダーを塗っていきます。パフにしっかり粉を染み込ませたら指で馴染ませます。そうすると白浮きしなくなります。面積の広い部分から塗っていきます。
この時パーティーメイクでのポイントはあまり粉を塗りすぎるとマットになりすぎてしまうので、艶感が大事なので塗りすぎは注意です。必ず目元はアイシャドウやアイライナーが伸びるようにしっかりと粉をはたいていきます。